草木染め入門講座 in 淡路島マンモス

ものづくり

草木染め入門講座 in 淡路島マンモス

こんにちは。田舎と都会のデュアルライフを実行中の園田です。
今回はIsland Schoolで開講されている「草木染め入門講座」を受講しました。
Island Schoolでは、私も焚火の体験講座を行っているいるので、いち早く講座を受けさせていただきました。
今回の記事は、草木染めとは?、草木染めした物のビフォーアフター、講座情報などを書いていますので、是非最後までご覧ください。

草木染めとは?

言葉の通りですが、草木を染料として染める方法を草木染めといいます。

媒染液を使用する事がほとんどですが、植物によっては媒染液を使用せずに染める方もあると伺いました。

媒染液には、鉄や銅などの金属イオンが含まれており、色素と繊維をくっつける役割があるそうです。この媒染液(金属イオン)の種類によって、同じ植物でも違った色を出すことができます。

草木を取りに行く

今回の植物は鼠黐(ねずみもち)を使用しました。

淡路島マンモスのパーク内で採ることができるので、参加者みんなで取りに行きました。
打ち解け合いながら、みんなで楽しく採ることができました!

淡路島マンモスには、季節によりさまざまな草木が生えています。
いつでも使えるように、生えている時期に採って乾燥させてある草木もあるそうです。

使用生地

無印良品の綿製スタンドカラーシャツを染めてみることにしました。

動物由来の素材(ウールなど)の方が染まりやすいとのこと。
私は綿が一番染まりやすいと勘違いしていた。。。

ビフォーアフター

元はほぼ真っ白なシャツです。

こんな感じで渋い色になりました!

染める前に、以前に染めたサンプルを見せていただきましたが、ほぼその通りの色となり、満足!かっこいい!

ユニクロの綿のシャツを染めた方もいましたが、若干色が違いました。
素材の状態や種類によって多少色の違いが出るようです。

草木染動画(桜で草木染め)

k体験講座の情報とisland schoolのページ

草木染めは、同じ植物・同じ媒染液を使っても、毎回まったく同じ色になるわけでわありません。
二度と作れない色かもしれないと思うと、自分で染めたものはすごく愛着を持つことができます。

ぜひ皆さんも、草木染めを体験してみてはいかがでしょうか?

 

「草木染め入門講座」の詳細はコチラ

Island Schoolはコチラ

コメント