海苔でグレを釣る仕掛け・餌の付け方・釣り方【海苔メジナ】 ※執筆中

魚釣りのすゝめ

海苔でグレを釣る仕掛け・餌の付け方・釣り方【海苔メジナ】

こんにちは、薫さんです。
 僕は小学校の頃に父に連れられ、岩屋の一文字やケーソンでグレを釣っていました。
ここ10年ほどは釣りから離れていましたが、最近グレ釣りにチャレンジしてみたら釣ることができたので、僕の海苔メジナ釣法を書いてみます。
※あくまで個人的にやっていた釣りなので、常識外れな部分もあるかもしれませんがご了承ください。

僕が海苔と呼ぶ海藻【グレ釣りの餌】

僕がノリと呼ぶ海藻【グレ釣りの餌】
アオサ

 まずは、僕が昔からノリと呼んでいる餌に関してお話します。

僕が好んで使っている海苔は、アオサ(幅が広い緑の海藻)ではなく、スジアオノリという細長い緑の海藻です。
 僕の住んでいる近辺では、1月ごろから生え始めることが多いです。夏も生えています。
春、秋はグレ釣りより他の釣りを楽しんでいたので、生えていたか覚えてないですが、今年確認してみようと思います。
 ネットで海苔メジナについて検索していると、アオサでも釣れることがわかりました。スジアオノリではない海藻でも釣ったことはあるので、海藻なら案外なんでも釣れるのかもしれません。

海苔の取り方・取る場所【グレ釣りの餌を取る場所】

港の船のスロープ

岩のブロック

 個人的によく行くのは、ちょっとした岩のある場所・河口・港の船が上がる場所です。コンクリートの上にもよく生えています。
基本的に干潮時に行くほうが取りやすいです。
タイドグラフで干潮を調べて取りに行きますが、場所によっては満潮時でも長靴やウェーダー着用で取れないこともないです。
基本的に長靴はあった方がいいです。苔や海藻の上は滑るので注意しましょう。
取れた海苔は、ビニール袋に入れて水を切り、クーラーに入れて釣り場へ持っていきます。

ダイドグラフのおすすめアプリ(課金しなくてもかなり使えます)
タイドグラフBI

実際に海苔を採りに行った動画はこちら↓

【海釣り】グレ釣りで使う餌(海苔)を採りに行く。

グレ釣りをする場所・条件

暖かい時期は堤防から海を覗くと、目で確認できるくらいの場所にグレがいることも多いので、ポイント探索するときは注意してみてみるといいと思います。
 スズメダイの下に少し大きめの、ちょっと白っぽい魚が見えたらグレかもしれません。(グレは真っ黒に見えますが、上から見ると他の魚の方が黒く見えます)

足場がいい場所を選ぶ

 僕は波止場(防波堤・堤防)かテトラでやります。淡路島にはあまり磯がありません。
初心者のうちはテトラのない防波堤がオススメです。

風が弱い日を選ぶ

 釣果が明らかに悪くなることはないが、単純に釣りがやりにくいです。
個人的には、風速5mを超えると釣りにくいなと感じます。

潮が緩やかな日、時間帯を選ぶ

 潮の流れが早すぎると、なかなか食ってこなくなります。かといって完全に止まっている場合も杭が悪いです。適度に流れている状況が理想です。
 棒ウキを使って釣りをしますが、流れが早すぎるとウキが沈んでしまいます。タイドグラフで干潮・満潮前後に行くと緩やかな場合が多いです。あまりにも潮が早い場合は、港の内向きなどが比較的緩やかなので、そういった場所を探して釣ります。港の内向きでもグレは釣れます。

グレ釣りで使う道具・仕掛け

僕のメインフィールドの淡路島では、大きくても35センチくらいの口太グレが最大サイズです。
淡路島の釣具屋エサピチに載っているグレの記録が40センチでした。
僕は40センチを超えるようなグレは淡路島で見たことがないので、ハードな道具は必要ないと考えています。

磯竿 1号 5.3m

磯竿 1号 5.3m
リール2500番前後
道糸3号
ウキ止め
しもり玉
スナップサルカン
浮き 1.5号
からまん棒
クッション付き重り1.5号
ハリス 1.5号
競技用グレ3〜4号

海苔(餌)の付け方【グレ釣りの餌の付け方】

取ってきたノリは、水汲みバケツに海水を汲んで、その中へ。
ノリを少し摘んで取り、針と一緒に持ってクルクルします。
巻きついたら針のほうに引っ張ってまとめます。
ノリの付け方は、動画の方がわかりやすいと思うので動画をご覧ください。

グレの釣り方【海苔メジナ釣法】

タナは場所と季節によって少し変わりますので、なんとも言えないですが、結構浅目で釣れます。
普通の波止ならオモリから2ヒロ前後で釣れます。
冬のそこが深い場所であれば、4〜5ヒロくらいとる場合もあります。
あまりにも流れば速い場合は波止の内向きで釣ってみましょう。案外釣れます。
潮が動き出す頃によく釣れるイメージがあります。
当たってもすぐいは合わせず、浮きが入り切るまで待ちます。合わせるタイミングは人それぞれだと思いますが、当たってすぐ合わせると掛からないことが多いです。
食べ初めは、餌を口に入れたり吐いたりしているようです。
一気に浮きが入るような当たりはほとんどなく、じわじわと入っていくことが多いです。これは、先ほど説明した通り餌を口に入れたり吐いたりしているからだと思われます。長い時では当たってから1分ほど待つこともあります。

コマセ(撒き餌)は、海苔があまりそうだから適当に撒いたりすることはありましたが、特にしなくても釣れます。もちろんコマセをした方が釣れるでしょうが、海苔以外はお金がかかるので笑

南紀和歌山釣太郎さんのチャンネルが、グレの餌の食べ方についてわかりやすい動画を出していました。参考になります↓↓

グレ(メジナ)は餌を、口に入れては吐き出す事を繰り返す習性がある フカセ釣りのご参考に 海水魚食性実地検証 和歌山釣太郎

グレの食べ方

血抜きなどの処理がきちんとできていれば、煮付けや刺身など、どう調理しても美味しいです。
世間的には臭いというイメージをもたれているようですが、僕は普通に美味しいと感じます。
体高のある魚なので、ガシラなどより身は多いです。
僕は凝った料理は作れないので、料理好きのかたはいろいろチャレンジしてみてはいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました